SHO INABA

稲葉 将

inaba_1926.jpg

PROFILE

 稲葉 将(Sho Inaba)

 ※障がい:先天性の脳性まひによる両下肢まひ

1995年5月23日(26歳)生まれ 

神奈川県 横浜市出身

2014年 私立 横浜高等学校 卒業

2018年 私立 東洋大学 国際地域学部  卒業

シンプレクス株式会社・静岡乗馬クラブ 所属

​日本障がい者乗馬協会(JRAD)強化指定選手

 

<スポーツ関連資格>

日本馬術連盟(JEF)騎乗者資格 B級

日本スポーツ協会(JSPO)公認 スポーツ指導者資格「馬術コーチ」

日本パラスポーツ協会(JPSA)公認 初級障がい者スポーツ指導員

<自己ベスト記録> パラ馬術(GradeⅢ)

チームテスト 70.118% (2021年8月)

インディビジュアルテスト 68.898% (2020年8月)

フリースタイル 71.545%  (2021年11月)

​<主な競技実績>

2018年9月: 世界馬術選手権大会(アメリカ)

Team Test (GradeⅢ) 10位  65.500%

Individual Test (GradeⅢ) 14位  63.471%

2019年11月:第3回全日本パラ馬場馬術大会(三木)

Team Test (GradeⅢ) 優勝  67.402%

Individual Test (GradeⅢ) 優勝  68.431%

Freestyle (GradeⅢ)(決勝競技)優勝  69.750%

2020年1月:CPEDI3 Genemuiden大会(オランダ)

Team Test (GradeⅢ) 6位  64.706%

Individual Test (GradeⅢ) 8位  64.314%

Freestyle (GradeⅢ)(決勝競技) 8位入賞  63.455%

2020年11月:第4回全日本パラ馬場馬術大会(JRA 馬事公苑)

Team Test (GradeⅢ) 優勝  67.059%

Individual Test (GradeⅢ) 優勝  65.834%

Freestyle (GradeⅢ)(決勝競技)優勝  67.956%

2021年8月:TOKYO2020 パラリンピック大会(JRA 馬事公苑)

Team Test (GradeⅢ) 70.118%(日本チーム団体成績 15位)

※70.118%はパラリンピック本大会における日本人選手歴代最高得点!!!

Individual Test (GradeⅢ) 15位 67.529%

2021年11月:第5回全日本パラ馬場馬術大会(三木)

Team Test (GradeⅢ) 優勝  66.618%

Individual Test (GradeⅢ) 優勝  67.402%

Freestyle (GradeⅢ)(決勝競技)優勝  71.545%*自己ベスト

MISSION STATEMENT

目指すのは、日本パラ馬術界のレベルアップと
似たような境遇の方の励みになるような選手であること

1996年アトランタパラリンピックで馬術が正式種目に採用されて以降、

日本にはパラリンピックでメダルを獲得した選手がいない。

東京パラリンピックで日本パラ馬術界初のメダルを獲得し、

日本パラ馬術界の発展の助けになりたい。

結果を残すことで競技人口の増加や

それに伴って選手同士の競争力を促進していくことができれば

日本のレベル/選手層も上がっていく。

特に同じ脳性まひによる障がい/先天性の障がいを持つ方に

自分のやりたいことの実現に向かって頑張れば

ここまでできるんだということを身をもって証明し、

日々の活力や前向きなメッセージを与えられるような存在になりたい。